コンセプト

豊かな自然と歴史に彩られた、由緒ある邸宅街「池田荘園」。

阪急沿線土地開発の系譜を継ぐ 憧憬のアドレス「池田荘園」・梅田までダイレクトアクセスで17分 阪急「石橋」駅徒歩14分・統一感のある落ち着いた街区設計 全9ステージの南面開放街区
大阪都心への快適な利便性、緑が映える自然に潤う住環境、すべてに満たされる豊かな日々がここにはあります。大通りから一本奥まった閑静なロケーション、のびやかなゆとりと落ち着きに満ちた成熟の邸宅街「池田荘園」。歴史を積み重ねてきた池田の邸宅文化に新たな彩りを添える、「ハピアガーデン池田荘園ブライト」が誕生します。
1.現地周辺 2.水月公園 3.豊島野公園 4.夫婦池公園 5.現地周辺

阪急沿線土地開発の系譜を継ぐ、憧憬のアドレス「池田荘園」

池田市の住宅開発は歴史が古く、有馬電気軌道が梅田-宝塚間、箕面-石橋間の開通に伴い、沿線土地開発の先駆けとなる建売住宅「池田室町住宅」の分譲を開始したのを皮切りに、各社によって次々と郊外住宅地がつくられ、大正期~昭和初期にかけて熟成されてきました。
元来より農村地帯であった大字尊鉢のうち約10町歩を後の石橋土地株式会社の設立メンバーである田中数之助が購入し、宅地開発を行ったのが「石橋荘園」であり、その後石橋土地株式会社は日本住宅株式会社に合併され、「石橋荘園住宅」は日本住宅株式会社と地権者の一人であった阪急電鉄が販売しました。
戦後、高度成長期を迎えると、池田市の商業政策として数多の団地が建設されましたが、本物件の近隣では石橋団地、石橋西団地、神田町団地が大阪府住宅協会によって開発され、これらの住宅地開発の結果、人口は著しく増加し現在に続くベッドタウンとしての発展を遂げたといえます。

大正時代から梅田・大阪市内への通勤利便地として開発された阪急沿線の「石橋荘園」。成熟した街並が広がるこの地は今なお住み継がれ、憧憬のアドレスとして認知されています。

阪急沿線土地開発の系譜を継ぐ、憧憬のアドレス「池田荘園」

住みよいまちづくりをめざす「荘園憲章」が定められています。

梅田までダイレクトアクセスで17分、阪急「石橋」駅徒歩14分

梅田までダイレクトアクセスで17分、阪急「石橋」駅徒歩14分

日々の暮らしを快適にする阪急「石橋」駅へフラットアクセス。

日々の暮らしを快適にする阪急「石橋」駅へフラットアクセス。

「ハピアガーデン池田荘園ブライト」から最寄りの阪急「石橋」駅へは快適なフラットアクセスで徒歩14分です。大阪・梅田へ乗り換えなしのダイレクトアクセスで通勤や通学、休日のお出かけも快適。阪急「石橋」駅周辺にはさまざまな生活施設が揃い、ゆとりある暮らしを支えます。

日々の暮らしを快適にする阪急「石橋」駅へフラットアクセス。

近隣には緑に包まれる公園が点在。

統一感のある落ち着いた街区設計、全9ステージの南面開放街区

統一感のある落ち着いた街区設計、全9ステージの南面開放街区
  • ※掲載の写真は平成29年5月に現地周辺を撮影したものです。
  • ※掲載のイメージイラストは計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。また、今後変更となる場合があります。
  •  なお、外観の細部・設備機器・配管・電線類等は一部省略又は簡略化しております。
     植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものでは無く、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。
  • 資料請求はこちら