HAPIA GARDEN ハピアガーデン HAPIA GARDEN

個人情報の保護について

お客様各位
(個人情報取扱事業者) 阪神電気鉄道株式会社 不動産事業本部 開発営業室
お客様の個人情報につきましては<【阪神電鉄・不動産販売事業】の個人情報保護指針>に基づき取り扱いいたします。

基本方針

【阪神電鉄・不動産販売事業】では、お客様の個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法令及び社内規程等を遵守することにより、個人情報の適正な取扱いと、安全かつ確実な管理・運営に万全を尽くし、長期にわたってお客様の信頼を得るよう継続的に業務の見直し及び改善等を実施致します。

なお、個人情報保護の取扱い及び当社の対応については以下のとおりに定めます。

個人情報を利用する目的

お客様の個人情報を以下の目的に利用いたします。

  1. 不動産の売買 (これらの代理、仲介を含みます)、管理その他付帯する事業
  2. 1の事業に関する、資料送付、メール送信、電話による勧誘、連絡、訪問等の営業活動及びアンケート調査、販売分析、商品開発等のマーケティング活動等
  3. 1の事業遂行に必要な範囲での個人情報の第三者への提供

個人情報の第三者提供

お客様の個人情報は、法令の規定に基づく場合のほか、「2.個人情報を利用する目的」に記載の利用目的の達成に必要な範囲で、書面、郵便物、電話、インターネット、電子メール、広告媒体等で第三者に提供されることがあります。ただし、ご本人からのお申し出があるときは、第三者への提供は停止いたします。

お客様の個人情報を以下の目的に利用いたします。

  1. 個人情報を提供する相手先
    • (ア)不動産の販売業務を受託する場合における委託事業主
    • (イ)不動産の販売業務の事業主となる場合における販売代理会社及び媒介会社
    • (ウ)不動産売買 の仲介における契約相手方となる者、その見込者、他の宅地建物取引業者、インターネット広告掲載業者、団体及び指定流通機構(物件登録、成約通知及び同機構のデータを利用しての営業、価格査定等の実施)
    • (エ)不動産取引の付帯業務における金融機関、司法書士、土地家屋調査士、不動産管理業者、オプション取扱い業者等
    • (オ)指定流通機構から提供された、又はお客様の成約情報(契約者のお名前、ご住所及び電話番号を除きます。)を他の不動産取引の価格査定等の根拠として提示する場合における他の不動産取引の依頼者、他の宅地建物取引業者、不動産鑑定業者等
  2. 提供される個人情報の項目

    お名前、ご住所、電話番号、物件情報、成約情報等、利用目的の達成に必要な範囲の項目

個人情報の共同利用

お客様の個人情報は「2.個人情報を利用する目的」に記載の利用目的の達成に必要な範囲で共同して利用いたします。

  1. 個人情報を共同利用する相手
    当社が事業主の場合における共同事業主
    当社が販売業務を行う場合における共同販売会社
  2. 共同利用する個人情報の項目
    お名前、ご住所、電話番号、物件情報、成約情報等、利用目的の達成に必要な範囲の項目
  3. お客様の個人情報を利用目的以外で共同利用するときは別途必要な処置を講じます。

個人情報取扱いの委託

お客様の個人情報について、その取扱いを外部に委託する場合があります。
その場合には、個人情報の保護に十分な措置を講じている者を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行い、個人情報の保護の水準を担保いたします。

個人情報に関するお問い合わせ窓口

お客様の個人情報について、その内容の開示・訂正・利用の停止又は第三者への提供の停止等のご請求、その他個人情報に関するご質問又は苦情のお申し出については、以下へお問い合わせ下さい。

  1. お問い合わせ窓口
    阪神電気鉄道株式会社 不動産事業本部
    開発営業室 住宅事業グループ
    住所 〒 530-0012  大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル15階
    FAX 06-6376-4521
    TEL 06-6376-4550(受付時間 平日 9:00 ~ 17:00 )
    e-mail:policy-info@hanshin-hapia.jp
  2. 個人情報の開示請求等の方法
    お客様ご自身の個人情報の開示を求められる場合は、当社指定の開示請求用紙に必要事項をご記入いただき、所定の添付書類を同封の上、上記窓口へ郵送又は持参してください。
    ※ 個人情報開示方法の詳細ホームページ http://www.hanshin-hapia.jp/dem_perinfo/

個人情報保護の責任体制

  1. 「個人情報保護総括責任者」
    会社が保有する個人情報の適切な取扱いを行うため、会社における個人情報の取扱いについての監督の総括を行うことを責務とする個人情報保護総括責任者を選任しています。
  2. 「個人情報保護責任者」
    当該個人情報の個別的性質に応じた施策を策定するとともに、当該個人情報の取扱いについて監督することを責務とする個人情報保護責任者を選任しています。
  3. 「個人情報管理者」
    その処理業務において保有する個人情報の適切な取扱いを行うため、必要な施策を実施し、またその所属員に実施させることを責務とする個人情報管理者を選任しています。